スロット 地獄少女 宵伽

スロット 地獄少女 宵伽

あなたも好きかも:緋弾のアリア 設定6 スロット
「くっ、このままでは!」 当たったらシャレにならない一撃ではあるが、そこまで速くないためなんとか避けきるマヒロ

 だが、反撃に転じることもできず、リハクの元に戻ることもできず

 ますます状況が悪化していることに焦りを覚えるのであった

 ◆リハクサイド「(まさか、ここまでとは)」 移り変わる事態の中で常に冷静なリハクであったが、初めて目の前で見る鬼人族の実力に内心圧倒されていた

 腹心のマヒロも決して弱くはないはずだが、流石に3体の鬼人族相手に苦戦している

 当然だが、マヒロでも苦戦するような相手を、リハクが相手にできるわけもなく

あなたも好きかも:パチスロ ゴッドイーター2 有利区間
 夜叉と名乗る鬼人族が、殺気を漂わせながらゆっくりと近づいてくる

あなたも好きかも:実践 パチンコ店
「なにか遺言はあるか?」「きいてくれるのか?」「まさか、言ってみただけだ

お前たち人間は敵将に情けをかけるようだが、我はそんなことはせぬ」「そうだろうな」 死が刻一刻と近づいてきている

 だというのに、全く怖れを感じないことに、逆にリハクは戸惑っている

 が、最期のそのときまで冷静でいることをモットーにしているリハクは、そっと目を閉じる

「じゃあな、これで人間たちも終わりだ!」 夜叉がリハクに向かって、刃を一気に振り下ろす――「……」 全然刃が自分に届かないのを不思議に思っていると、カランカランッという音が聞こえてきた

 何事だと思って目を開けてみると、先ほどまで夜叉が持っていた刃が地面に転がっているではないか