河内小阪 パチンコ屋

河内小阪 パチンコ屋

かのんと糸原センセェがエッチしたとかって話になってるみたいだけどぉ」 華音は深くため息を漏らしてがっくり項垂れ、今度は「すぅー」と深く息を吸い込んで胸を張った

「……かのんは糸原センセとエッチなんかしてなぁーいっ!!」 うっぷんを晴らすような大声に、周りのみんなは目を見開いて背中を仰け反らせる

 華音は、マスク越しに「ふんーっ」と鼻息を荒くして眉をつり上げ、彼らを見回した

「誰がそんな噂流したか知らないけどねぇ! かのんがセンセとエッチするわけないじゃん! っていうかなんでそんな噂が流れたか意味不明過ぎ!!」 苛立ちを露わにされ、反町は背中を仰け反らせたまま怪訝に眉を寄せた

あなたも好きかも:スクエニ オンラインゲーム 無料
「でも……、あの時、先生と一緒だったんだよな?」「一緒だったよぉー? それが何よぉー?」 華音はじっとりと目を据わらせて反町を振り返り、腰に手を置いた

「あの時ぃ、雨の中をセンセがたくさんライン引き持って歩いててぇ

なぁんか、見てても頼りない、って言うかぁ、ああーもうって感じだったから運ぶの手伝ってあげたのぉ

あなたも好きかも:パチスロ スーパーリノxx
体育倉庫までぇ」「……その後は?」 真顔で問われ、華音は少し口籠もる

 優樹は振り返って、拗ねた面持ちで華音を見上げた

あなたも好きかも:パチスロ 攻殻機動
「ほら言わない! 言わなきゃわからないのに! 華音ちゃんが何も言わないからみんなバタバタしちゃってたのに!」 口をへの字に曲げてバシッと腕を平手打ちすると、華音は「いたっ!」と声を上げ、真琴の後ろに隠れて顔を覗かせた

「もぉーっ! 優樹が叩くぅー!」「私も叩いてあげるわよ?」 真琴が“拳”を上げると、華音は大介の後ろに逃げ隠れ、そこから顔を覗かせた

「わかったぁ! わかったから叩かないでぇ!」「ほなホンマのこと話せや」 大介が振り返り睨むと、華音はマスクの下で頬を膨らませ、じっと真顔で窺う糸原を振り返った

「……ごめんねセンセェーっ

みんな心配しちゃうから、もう話しちゃうよぉーっ」 申し訳なく告げた後、糸原の返事を待つことなく華音は言葉を待つみんなを見回し、反町へ切り出した

「……体育倉庫にライン引きを届けて、あの雨だったから、もうその時にはびしょ濡れになっちゃって