ブラックラグーン2 スロット 動画

ブラックラグーン2 スロット 動画

宝盗りディッターをしていた頃は皆が地形を把握していた、とリヒャルダやおじい様に聞いたことがある

 ……これがきっと二十不思議のあった場所なんだろうな

 二十どころではなく、もっとたくさんの点があって何を検証したのか、○や×が付けられていた

十年以上前の手書きの地図だからだろうか、古ぼけた感じが良い味を出していてまるで宝の地図のように見える

けれど、二十不思議の研究はあまりにも不自然にぶつっと途中で途切れていた

「ヒルシュール先生、これはフェルディナンド様の研究ですよね? 結果がないのですけれど……」「フェルディナンド様の研究はそういうのが多いですよ

発表するものでない限り、結果がわかって自分が納得すれば資料としては残さなかったり、残さない方が良いと判断して敢えて書かなかったりしていました」「そうなのですか……」 領地からお金をもらって研究した分は必ず報告が必要になるが、自分のお金で、趣味でしていた研究に関しては資料を残していないのも多いそうだ

 ……この研究は面白そうだし、最後まで見たかったな

 唇を尖らせながら、わたしは分類の方法や綴じ方を確認して、資料を閉じた

あなたも好きかも:茂原 スロット 優良
「さて、フェルディナンド様の片付け方も把握したことですし、早速こちらの資料も片付けていきたいと存じます」 同じように片付けるのが一番だろう

あなたも好きかも:江坂 スロット 四海
混乱がなくてヒルシュールやライムントも資料を探しやすいはずだ

わたしは腰に結ばれている飾り紐を一本解いて、ビシッと構えた

「姫様、何をなさるおつもりですか?」「……『たすき掛け』です

邪魔な袖からお片付けするのですよ」「タスキガケ、でございますか?」 リヒャルダが訝し気にする中、わたしは手早くたすき掛けをして邪魔な袖を片付けた

完璧だ、と悦に入ると、リヒャルダが「姫様、このように腕を露わにするのははしたないことですよ」と溜息を吐きながらすぐにたすきを解いてしまった