リング2 パチンコ 199 保留

リング2 パチンコ 199 保留

彼女のことは、難しいだろうが一度傍に置いておくといい」 なるほど……いや、それなら話さなければ良かったんじゃないか? そう問い詰めようと彼を見たが随分としたり顔な氏の姿に、きっとこのモヤモヤと腑に落ちない感覚を共有する相手、もとい押し付ける相手が欲しかったのだろう

「で、この金床だが、まず彼女が使っていたものではない

彼女に必要無い物だから、というのもあるが、魔術儀式や錬成に使われた物は基本的にその残滓が染み付くというか、それまでに受けた魔術作用や属性の痕跡が残る物なんだが……」 氏はそこで口を噤んだ

自信がないか確証がないかといった煮え切らない態度で、うんうん唸って言葉を探しているようにも見えた

「なんというか、見たことのない属性が付与されていたと言うべきだな

あなたも好きかも:パチンコ 座間 ガーデン
勿論そればかりではないが、一番新しい痕跡に全く見覚えがなかったんだ」 それはただ知らないものが氏にあっただけで、そんなに不思議なことでは無いのでは? と、不躾ながらそんな質問をぶつけてみた

しかし氏が言うには、属性は高度に練り上げることは出来ても、全く別の性質を持たせることは不可能だと言う

あなたも好きかも:凪あす スロット 中古
「錬金術師の端くれとして未知との遭遇には心躍らせた

が、その答えはすぐにわかった

地母神様に初めて拝謁したその時に」 ようやく本題に入った

あなたも好きかも:スロット 判別ツール
その言葉はキチンと飲み込んで次の言葉を待つ

「これは推測でしかないし、彼女は無関係なのかもしれない

が、言わせてもらう

地母神様とは人為的に、そして魔術的に造り上げられた人間ベースの神性体であると」 地母神様の成り立ちについて、彼は彼なりに確信があるようだ

確証が無いとは言っていたが、恐らくそれは彼女や街に対する遠慮が大きいのだろう

彼の目がそれを語っていた

「地母神様に見た魔術痕は、間違いなく金床に残っていた痕跡と一致する

問題はそれを、その儀式を誰が執り行ったか、だ

私はその錬金術師こそが彼女だと睨んでいる」 彼女と地母神様を繋ぐ糸は理解した