スロット サンエイ 鶴橋

スロット サンエイ 鶴橋

速度は先程よりも上昇しており、大天狗はそれらを紙一重で避け続ける

『ハッ、避けるしか出来ねえか、大天狗!』『フン、そんな挑発には乗らぬ

あなたも好きかも:スロット いくらから
その程度の事、お主程の実力者ならば分かるだろう斉天大聖』『まあ、乗って来ないか!』 大天狗が紙一重で避けている理由

それが孫悟空に反撃出来ないからではないと言う事は、孫悟空自身が理解していた

 余裕があるからこそ大天狗は敢えて紙一重で避け、孫悟空に仕掛けず様子を窺い続けているのだ

 何が目的かは分からないが、余裕故に遊び半分で戦闘を行っているのだろう

あなたも好きかも:鉄拳 パチンコ 演出
性格的には遊び半分でも真面目なのだろうが、揶揄《からか》っている様子も多少はあった

『そろそろ仕掛けるか……!』『……!』 グンッと速度を上げ、一歩歩くと同時に孫悟空の側へ近寄る大天狗

あなたも好きかも:福山市 スロット 評価
ギラリと輝く刀の刃が孫悟空の首元を捉え、孫悟空は如意金箍棒《にょいきんこぼう》を即座に振るって刃をいなす

金属音が辺りに響き、その余波で周囲の建物が切断された

『ようやく真骨頂を見せてくれるか……!』『まあそれに近いな

だが互いに、まだまだ本気は出せぬだろう?』『そうだな

この星が砕けちまう』 刀と如意金箍棒《にょいきんこぼう》が衝突し、火花を散らして切断された建物の瓦礫を吹き飛ばす

二つの力に押された孫悟空と大天狗は背後へ弾かれ、大天狗の方が烏《カラス》のように漆黒の翼を使って加速する

 刹那に刀と如意金箍棒《にょいきんこぼう》が鬩《せめ》ぎ合いを織り成し、一撃一撃によって生じる衝撃で瓦礫を粉微塵に粉砕して行く

 しかし孫悟空の操る如意金箍棒《にょいきんこぼう》は何《いず》れも大天狗に当たらず、刀でいなさぬものは紙一重で躱《かわ》されていた

大天狗の刀で受けるという行為も、挑発を交えた宣戦布告のようなものなのだろう