聖闘士星矢 スロット 不屈ポイント リセット

聖闘士星矢 スロット 不屈ポイント リセット

 それと同時にライが居た場所は崩れ落ち、大きな穴が空く

 ライが跳躍したのは"それ"を避ける為、そしてライは安全? な床に移動し、その者"達"へ告げる

「オイオイ……いきなり攻撃かよ……アンタら……結構酷いんじゃないか?」「"製造《ビナ》"……!」 次の瞬間、一人がライの言葉を返さずに『崩れた床を再構成させて』、鋭利な武器にした

「……! 物質を分解して再構成する技……まさか……!」 そして、それを見たライの脳裏に一つの術師が過《よぎ》る

あなたも好きかも:あの 花 スロット
 物体を破壊、創造させる術師の存在が

あなたも好きかも:スロット ハルヒ 期待値
「"建造《バナー》"……!」 ライがそう考えている時、その者は床をハンマーのように変え、ライを潰す為にそれを仕掛ける

「聞く耳無し……か……」 攻撃を仕掛け続ける者の様子を確認し、話す事は無理だと決断を下したライはそのハンマーのような形をした床を殴り付けて粉微塵に砕いた

「……!」 その者は目を見開いて驚き、ライの方へ視線をやる

「何処見てんだ? 俺はこっちだぜ?」「「…………な!?」」 そして、その者達の背後に回り込んだライ

 二人は目で終えなかったらしく、思わず声を上げて振り向──「残念、俺はこっちだ」「「…………!?」」 ──く暇も無く、再びライに回り込まれていた

 相手がその気ならライもからかってやろうという、負けず嫌いな性格から来るものだろう

「「…………」」 その二人はゆっくりとライの方へ視線をやり、今度は移動しなかったライに焦点を合わせた

 それを確認したライは、フッと笑って言葉を続ける

あなたも好きかも:パチンコ店 稼働率 ランキング 2019
「俺はただ話をしたいだけなんだ……

まあ、聞きたい事を話終えたら幹部の側近だし倒すけど……」「「…………」」 ライは二人に向けて話したいだけだと告げる

そのあと物騒な事を口走ったが、まあ、別に良い事だろう

「アンタらが幹部の側近ってのは見て分かる

……で、俺が気になったのは仕掛けてきたアンタが使った技……いや、術だ

……これに見覚えが無いか……?」「……!? これは……! まさか……!!」 そして、ライはその一人へ向けてポケットからある物を取り出す