パチンコ アナザーゴット

パチンコ アナザーゴット

反省して二人で暮らしていた屋敷に戻ると、まさかの地竜の少年になったルグリューにお帰りと言われ、シシィはこの愚かな精霊を放り出して逃げ出そうかと思ったこともある

君がいないと困るからと、息子でもいいくらいの少年姿で言われてもどうすればいいのやら

けれどもそれも、それでもいいからと彼がシシィこそを望んでくれたからなのだ

地竜としての成長を苦々しく待ち、彼が竜として成人したその日に二人は結婚した

彼に、事故で亡くなった息子の体を与えた地竜の両親も参列し、ちょっと良く分からない式になったものの、そこで初めてシシィの仕立てた服を着た彼は満足げだった

「でも私、精霊としてのあなたの顔に恋をしたのよ」「…………今の俺は嫌いかな?」「ちょっと、竜はすぐ弱るんだから、落ち込まないで

愛していなければ、竜になったあなたの伴侶なんかにはならないわ」「良かった

では、幸せでいてくれるかい?」「ええ、勿論よ

あなたも好きかも:岩槻駅 パチンコ屋
それに最近は、子供の竜になったあなたを見て、声を上げて笑ったアルテアにも報復出来ているしね」「やれやれ、妖精は執念深いなぁ………」そう微笑んだルグリューの腕の中で、彼に頬を擦り寄せる

あなたも好きかも:真 花の慶次 3 パチンコ
そんなアルテアは、シシィが花婿に作った服を見て、シシィを専属の仕立て屋にした

何だか釈然としなかったが、高位のご贔屓は手放すには惜しいと思って引き受けてきたが、最近は彼の変化を見られるので縁を切らずにいたことに感謝している

(でも、ルグリューには内緒で、私は時々夢を見るの)それはあの青い青い砂漠の夢

あなたも好きかも:ラッキーカジノ 入金不要
そこでシシィは、銀白の美しい精霊と抱き合うのだ

浮遊島の移動石へと乗る

 レギューム島から剣爵領地への昇降機のごとく機能する不思議な岩石は、数え切れないほど利用した

 数人を運搬可能な移動石

 それを我が物顔でひとり起動させた

 上空に浮かぶ浮遊島まで上昇を開始する