パチンコ アクシス

パチンコ アクシス

言いたい文句がいっぱいあるって息巻いてたベルベット少年はすっかり大人しくなってしまって、僕達はやっぱりマーリンさんの掌の上で踊らされてたっぽいことを思い知らされた

マーリンさんとの長閑な再会も束の間、ここ王都のクエストカウンターにバタバタと忙しない足音が響いた

うん、なんだろう

足音の割には静か…………声はしないのだ

あなたも好きかも:リング パチンコ 呪いの七日間2 演出
だから、仕事を求めてみんなが一斉に押しかけた……って感じではなくて……「——ただいま戻りましたーっ

おや、お客さんがまた増えてますね

あなたも好きかも:パチンコ パーラーグランデ 浦河店
いらっしゃい」「————っ」 おかえり

と、肩をすぼませたマーリンさんの視線の先に飛び込んできたのは、この施設の主、エルゥ・ウェンディ——旅の間に仲良くなった元フルトの看板娘、エルゥさんだった

「お、お邪魔してます……」「はい、いらっしゃい

ふむ……へインスさん……は、もうすっかりお馴染みとして

貴方とこっちの子は初めましてですね

あなたも好きかも:パチンコ バイト シフト 融通
私はエルゥ

エルゥ・ウェンディです

いつもここでお仕事の仲介をしてますので、ご入用の際はお気軽にお越しください

日雇い即金のお仕事もいっぱいありますよ」 うおぅ、以前にも増して逞しくなってる

以前と変わらないって第一印象ばっかりの再会の中で、エルゥさんだけはそうじゃないみたいだ