効果音 スロットマシン フリー

効果音 スロットマシン フリー

 それを考助が気軽に呼んでしまったために、だったら自分もと考えるのは当然の成り行きだった

 考助が天井でそんなことを考えていると、部屋をノックする音が聞こえて来た

「どなたですか?」「エリス姉、私よ」 エリスが中から声を掛けると、ジャルの声が聞こえて来た

あなたも好きかも:スロット スーパーリノsp
「入ってもいいわよ」 アスラがそう言うと、ドアを開けてジャルとクラーラが入って来た

貴方も来たの?」「ええ、まあ

当事者ですから」 クラーラは苦笑しつつアスラの問いに答えた

あなたも好きかも:パチンコ 情報 山形
 先程まで女神達に捕まって、詳しい事情を聞かれていたのだ

あなたも好きかも:パチンコ 確率 一番重い
ある意味で、尋問と言ってもいい状況だった

 ようやく解放されたので、状況を報告しようとアスラのところまで来たのだ

「ところで、考助は?」 そう切り出したクラーラに、アスラは笑って答えた

「ちゃんと隠れているから大丈夫よ

今頃は、きっちりと反省しているわよ」 その台詞を天井で聞いた考助は、していますしています、と心の中で反復していた

「それならいいですが・・・・・・これがきっかけで来なくなってしまうとかは・・・・・・」 クラーラの心配そうな顔を見て、アスラは虚を突かれたような表情になった

「そんなことは無いわよ

なぜそんなことを?」「あ、いえ

何となくそう思っただけです」「そもそもこの程度で来なくなるのであれば、定期的に来ることもしていないでしょう? 心配のしすぎよ」 そうです、心配のしすぎです、と心の中で伝える考助