パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ r2

パチスロ コードギアス 反逆のルルーシュ r2

「ディッターで相応しい主を決めるのはどうでしょう、アナスタージウス王子」 ルーフェンはそのままディッターで主を決める有用性を熱く語り始めた

 王族の遺物である魔術具を守るに相応しい力がなければ、エーレンフェストには任せられない

あなたも好きかも:大都会 赤池 スロット
ダンケルフェルガーはエーレンフェストに勝てると実力を示し、正々堂々と主の座を譲り受ければ良い

あなたも好きかも:スロット 彼氏 嘘
「それは、常に優勝しているダンケルフェルガーが有利ではないか?」「ですから、エーレンフェストは守るだけです

あなたも好きかも:小山 ライブガーデン パチンコ
こちらを攻める必要はない」 ダンケルフェルガーを攻める必要はなく、守るだけにすればちょうど良い、と言う

それが本当に難易度の設定として正しいのか、わからない

「確かに、エーレンフェストに守る力がないのは困るな

……いいだろう

これから騎士見習いの専門棟にある競技場でディッターを行い、その勝者によって魔術具の主を決める」 アナスタージウスが決めてしまえば、わたし達は従うしかない

競技場へと向かうため、立ち上がる

「フン、先程は魔術具の守りがあったが、今度はない

我らに勝てると思うなよ」 レスティラウトが通りすがりにボソリと呟く

格下を見るその目をわたしは静かに見返した

「ローゼマイン様、絶対に負けてはなりませんよ」 ヒルシュールが目を吊り上げて、必死の形相でわたしの肩をつかんだ

大事な研究対象が、と口に出してしまう辺り、正直すぎる

脳内はシュバルツとヴァイスの魔法陣の事しか考えていないに違いない

「……負けませんよ

わたくしは図書館の事を考えていない者をシュバルツとヴァイスの主にするつもりなどこれっぽっちもないのです」 ……それに、魔術具のお守りなら、シュバルツとヴァイスに負けず劣らずいっぱい持っているんですよね、わたし