スカイコーポレーション スロット

スカイコーポレーション スロット

 中に入ってすぐに森下君の気配を探して」頭の声に頷いて全速力で、黒雲から指に引きずり出されている白い金属の塊に突っ込んでいく

近づくたびに、金属の塊の表面に大量の大小の文字が掘られて書かれていることが分かる

「……これ、思い出ね

 高崎君がアグラニウスで出会った人々の 様々な言語と文字で記憶を刻んでいるわ……」「そっか……お前の代わりに十七億ラグヌス(年)だもんな……」美射は頭の中でポツリと「……忘れちゃっていいのに」「……忘れないことも大事だろ」「大事なことも朧げなあなたに、言われたくありませんねー」「家族や仲間たちのことは覚えてるぞ

 お前はそっちは朧気だろ」「但馬以外の存在なんてどうでもよくない?」言い切りやがった

「さっ、高崎君のどうでもいいヌルい思い出の一つを ぶち抜いて、森下君を探すわよーっ!」「おい……俺に罪悪感を抱かせるな……」「どうせ、概念体ですしーっ!修復しますしーっ」「……」はらわたが煮えくり返りそうだがそのまま、文字の細かく刻まれている白い金属の壁に体当たりして、軽く突き破って体内へと侵入した

あなたも好きかも:日拓 パチンコ 上野
体内は虹色の河がどこまでも流れていた

あなたも好きかも:パチンコ 収益 北朝鮮
「……これは、共鳴粒子の河ね

 そういう物語がきっと伝わってるんだわ」美射がうっとりした声で言う

「どっちに行けばいいと思う?」「……この手のはね

物理的にどうするかじゃなくて どう思うかってことよ

 まずは、黄金の炎を消して、泳いでくださいねー」言われたとおりに、消して平泳ぎをし始める

あなたも好きかも:パチンコ エヴァ8 裏ボタン
虹色の河の中を俺は問題なく進んでいける

息も苦しくないし、身体が沈むこともなさそうだ

「慣れるのよ

この状況にね

 そして、上手く乗りこなし始めたら 信じるの