ごらく パチンコ

ごらく パチンコ

「付き合っていたかどうか、っていう……、そういう話題はおまえがしたがらなかったから

あなたも好きかも:ベルばら パチンコ 曲
だから、ちゃんと付き合ってるのか、は……誰も知らないんじゃないかな?」「そうなのか?」 隠し立てのない気配に立花は唖然と目を見開いた

「オレ……なんでそんなもの秘密にしてたんだ?」 自分の事なのに理解出来ないのだろう

 ポカンとされて、「さあ?」と、反町は苦笑しつつ肩をすくめた

「恥ずかしかったんじゃない? 改めて報告するのも」「……でも、誰かと付き合ってたんだよな?」 再び怪訝に問われ、「そういう風には見えてたけどね」と笑顔で数回頷いた後に「……あれ?」と顔をしかめて視線を斜め下に向けた

 彼がこんなことを訊いてくる、ということは、弥生は彼に何も告げていない、ということだろう

あなたも好きかも:パチスロ 懐かしい 5号機
 ――いつも傍にいるのに、なぜ彼女は隠しているのか

 隠さなくてはいけないことではないはずなのに

むしろ、教えてあげた方が記憶の復活にも役立つはずなのに

 ……もしかして、本当に記憶が戻らない方がいい、って思ってるんじゃ? 不安に感じながらも頬を引き攣らせていると、立花は不可解げに「うーん」と唸った

あなたも好きかも:exile カジノ jp
「マジか……

じゃあ……もしかしたら、一緒にいただけで付き合っていないかもしれないってこともあるかもしれないんだよな

……だったら、相手から何も言ってこない、ってのも納得だよな」 一人で考えて勝手に答えを出し納得する呟きに、反町は顔を上げて首を傾げた

「なんで急にそんな……誰かと付き合ってるか、なんてことを?」 今まで無関心だった話題なだけに気になって問うと、立花は彼にうんざり気な表情を向けた

「昨日の夜、突然親父に言われたんだ