パチンコ 茨城 優良店

パチンコ 茨城 優良店

見渡す限りの原っぱで、これといった特徴も見当たらなかった

あなたも好きかも:パチスロ 歴代
ただひとつだけ、いえることがある

 雨が降っていた

  それも土砂降りの大雨で、空間転移直後から全身を押し潰すかのように降り注いできた雨粒の数々には、彼は文句のひとつも言いたい気分だった

あなたも好きかも:そうづけ景品 パチンコ
鎧はともかく、衣服どころか下着まであっという間にびしょ濡れになってしまって、不快どころの騒ぎではなかった

あなたも好きかも:サイサイ スロット
 だが、そんなことで騒いでいる場合でもない

 雨の平原は、分厚い鉛色の雲に覆われ、全体として薄暗く、何処までも見渡せるものでもないのだが、見回しているうちに敵がいることに気づかされた

 暗闇の中、淡く輝く純白の衣を纏っていることから、獅徒だろう、と断定する

想像上の魔法使いのような、それでいて神秘的な輝きを帯びた長衣に、深々と被られた頭巾のおかげで、その顔や姿をはっきりと認識することはできない

ただ、腰を曲げて立っている様子から、若さは感じられなかった

 そして、降り注ぐ雨粒は、その老人めいた人物を避けるように降っていた

 腰に帯びた柄だけの剣を抜き、構える

「あんたは敵、だよな?」「そうとも

わたしはおぬしの敵よ」 嗄れた声は、やはり老人のそれであり、エスクはなんだか拍子抜けする気分だった

これまで得られた情報から、獅徒に老人はいなかったはずだ

が、それはセツナ一行が知らないだけで、獅徒に老人がいたとしてもなんら不思議ではない

 もっとも、おそらく使徒同様に不老不滅の存在であろう獅徒に年齢など関係ないのだろうが

「我が名は獅徒オウラリエル