パチンコ 呪 怨

パチンコ 呪 怨

さすがにありゃ拙かったしな) 一週間前には状況の凄惨さに見かねたオーリが脱出を企てたが、結局は失敗し、現在は監獄内の奥の部屋に閉じこめられている

どうにかしたいがどうにもならない

今もオーリの仲間であるバックスたちは監視の目が強化されているのだ

嫌がらせの方も激しくなっている

(ま、ナイラとユズが一緒じゃないだけ救いがあるか

ここじゃあ何をされるか分かったもんじゃねえからな) 今現在の二人の所在は不明だが、今のバックスたちよりも良い環境にいることを祈るしかなかった

あなたも好きかも:パチンコ 3大メーカー
 そしてバックスが再度ツルハシを振り下ろすと、自分の後ろに監視員が立っていることに気付いたのである

あなたも好きかも:パチンコ バカなの?
「なんだ? 見ての通り、真面目に仕事してるぜ?」 剣呑な視線をバックスは監視員を送る

 目つきが悪いだけでも罵倒される

あなたも好きかも:ドラクエ5 チート sfc カジノ
しかし、この時のバックスは鞭で打たれようが知ったことかと若干投げやりな気分になっていた

それに事実としてバックスは普通に採掘をこなしていただけで咎められる要素はないはずだった

「うんうん

お仕事ご苦労様

けどそろそろ元の職に戻りたい頃じゃないかな?」「は?」 突然子供のような声を出す監視員に思わずバックスが間の抜けた声をあげた

同時にバックスはその声に聞き覚えがあることにも気が付いた

 それほど長い時間一緒にいたわけではないが、一度会えば忘れられないインパクトの少女の声に目の前の監視員の声は酷似していたのだ

「まさか……お前は?」 思わず名前が出そうになるバックスに対し、監視員は口元に人差し指を当てて「静かに」というポーズをとると、ボソボソとバックスに呟いた