副業 パチンコ

副業 パチンコ

 その事を思い出しながら頷くと、マッドサイエンティストはニヤリと笑った

あなたも好きかも:カジノ ディーラー 年齢制限
「暇潰しにそれを投与したら、野犬のうちの1頭があんな姿になっちゃいました」「暇潰しィ!?」 ふ、ふざけんな! お前は暇潰しで人の提供した血液(サンプル)を無駄使いした挙句、可愛いワンちゃんをあんな姿にしやがったのかぁぁぁぁぁぁぁぁ!? つーか、真面目に研究しろ! 暇潰しで化け物を増やすんじゃない!「いきなりキメラみたいな姿になったのはびっくりしましたが…………どういうわけか、あの犬の知能が大幅に向上しているんですよ」「知能が?」「ええ」 すると、お座りをしたまま待機していた犬が立ち上がり、先ほど転生者を担いだオークがやって来た扉の方へと走って行った

奥にいる警備兵に開けてもらおうとしているんだろうなと思った俺は、その犬の知能を見くびっていた事を痛感する羽目になる

 なんと、その犬は後ろ脚だけで立ち上がり、前足と口を使ってドアノブを捻って開けたかと思うと、その隙にドアを通過して反対側へと回り込み、ご丁寧にまたドアノブを捻りつつ押してドアを閉めて行ったのである

 ちょっとぎこちなかったけれど、まるで人間のようだ

 そしてしばらくすると、今度は後ろの扉のドアノブがゆっくりと捻られ始め―――――――――ハーネスを付けたままのワンちゃんが、自分でドアを開けてから閉めるところを再演してくれた

「ハッ、ハッ、ハッ、ハッ…………ワンッ!」「お、おいおい…………」「すごいでしょう? 誰が自分の敵で誰が自分の味方なのか、ちゃんと自分で判別できるんです

おかげで野犬だとは思えないほど懐いてくれましたよ」 舌を出したままお座りを始めるワンちゃん

しばらくこっちをじっと見ていたワンちゃんは、ゆっくりと立ち上がってからこっちにやってくると、俺のすぐ足元でお座りを始め、右手の指先をぺろぺろと舐め始めた

あなたも好きかも:学級裁判 虹色 スロット
「他の野犬たちは?」「今のところは変化がありません

その1頭だけですね

―――――――――我々は、その特殊なワンちゃんを『キメラハウンド』と呼ぶことにしました」「キメラハウンド…………」 突然変異で生まれた新しい”キメラ”か

 だったら、こいつも俺やラウラやノエルの”仲間”だな

あなたも好きかも:パチンコ カード 盗む
「データは取りましたが、まだ実戦経験はありません

せっかくですので団長に預けておきたいのですが、いいでしょうか」「ああ