モンハン パチンコ 甘デジ

モンハン パチンコ 甘デジ

 まず、僕は『血』に意識を集中させる

イメージに頼った自己流ではなく、そこに刻まれた魔術式に頼る

そこを魔法構築の一歩目とする

そして――「――《ディメンション・決戦演算(グラディエイト)》」 馴染みの魔法の対象を『僕』に集中させて使う

これで自分のことがよくわかるようになった

あなたも好きかも:エロ ゲーム スロット
「――《ディスタンスミュート》」 次に、手術中の医者のように腕を自分の胸に差し込んで、魔力の出てきている自分の魔石(たましい)に『繋がり』を作る

「――《シフト》」 続いて、その自分の魔石(たましい)から溢れ出る『魔力』を全て、ずらしていく(・・・・・・)

あなたも好きかも:にゅう スロット
 次元属性の『ずれている魔力』を更にずらして、全く別の属性の魔力へ変換していっているのだ

思い描くのは、かつて僕が使っていた『冷たい魔力』

「……よし、これでいけるか? ――氷結魔法《アイスアロー》!」 極めて強引な魔力生成を行い――しかし、魔法構築は極めて教科書どおりに――氷結魔法を発動させてみる

 その結果、僕のかざした手のひらから、過去に夢見たものが射出される

 弓から放たれたかのような音をたてながら、魔力で構成された氷が練習場の庭を飛来する

あなたも好きかも:旦那 無職 パチンコ
 先程までの見るに耐えない氷塊ではない

 矢の形をした氷が、まるでRPGゲームの魔法のように放たれたのだ