バジリスク スロット 朧

バジリスク スロット 朧

一平君って……こんななんだなぁ……」「……な、なんやねんっ!」 少し戸惑い不愉快げに身を引いてサッと顔を背ける一平に優樹は少し笑うと、まだうろたえている華音に目を向けた

「……華音ちゃん、……怪我はしてない? 大丈夫?」「大丈夫だよぉっ

あなたも好きかも:一騎当千 パチンコ セグ
大丈夫だけどっ……優樹がいないと寂しぃよぉーっ」 華音はべそを掻いて目に一杯の涙を浮かべると、スカートを握って身を乗り出した

「ねえもぉやめよ!? かのん一緒に謝ってあげるからぁ! だからかのんのトコに戻っておいでよぉ!」 わがままに駄々を捏ねて訴える目から涙が零れ、優樹は寂しげに微笑んで俯いた

「……ありがと、……華音ちゃん」 そう呟いてゆっくりと足下を表情なく見つめた優樹は、微かに笑みを浮かべて顔を上げた

あなたも好きかも:パチンコ 三星 福島
「……私も、思い出したことがあった」 穏やかな笑みと口調に、切り出された洋一は真顔でじっと見つめる

「……翔太先輩は、いつも笑ってた

笑って傍にいてくれた

……なんの意味もないことだって思ってた

……おもしろい人だから笑ってるんだって

あなたも好きかも:パチンコ 屋 の バイト
……でも……違った

そうじゃなかった

……私のために、笑ってくれてたんだよね」 優樹は瞬きの数を増やしながら、情けなく笑った

「今思えば、洋ちゃんもそうだった