スロット いべんと

スロット いべんと

 オリュンポス十二神の武器や武具は大体がヘパイストスから造られたとされ、鍛冶の腕は全宇宙から見ても随一のモノを誇っている

 鍛冶と炎を司り宇宙最高クラスの鍛冶の腕を持つ神

それがヘパイストスだ

「成る程……幹部の正体はヘパイストスか……多分、サイクロプスは助手……側近みたいなものだな……」「ああ

間違い無さそうだ……」「うん……」 幹部の姿を確認して目的を遂げたならば長居は無用

ライ、エマ、リヤンの三人は簡潔に纏め、さっさと工房を出ようと移動する

あなたも好きかも:パチンコ 号機
「もう行くのか? もう少しゆっくりしていっても良いのだぞ」 ──そこに、金槌を振り下ろして金属音を響かせるヘパイストスが言葉を発した

「「「……!?」」」 その言葉にライたち三人は反応を示して一時的に止まり、一瞥するようにそちらを確認する

未だに作業は止めないが、これはもうほぼ気付かれているだろう

 人間の国"スィデロ・ズィミウルギア"の幹部はヘパイストスだった

あなたも好きかも:パチンコ 抽選 並び
 ライ、エマ、リヤンの三人は見つかったなら仕方無いと腹を括《くく》り、ヘパイストスの方へと向き直った

「何時から気付いていた?」「お前達が城に入った時だ

気配は消していたが、何者かが通る空気の歪みを感じた

その事から侵入者だと分かり、この部屋の前に来た時に例の侵略者の一チームであるという事が分かった」 鍛冶作業を止める事無く淡々と綴るヘパイストス

 どうやらヘパイストスはライたちの存在に始めから気付かれていたらしい

しかし気配を消していた事も相まり、本当の正体にはこの部屋の前に来た時分かったとの事

 それでも分かっていたのは驚いた

何という鋭い感覚