パチンコ やるなら

パチンコ やるなら

……まるで、全部優樹先輩が悪い、みたいな

それに、翔太先輩の話もおかしくないですか? なんの証拠もなく違う人に罪を背負わせるようなことをする人だったんですか? ……お会いしたことはないですけど、ボクはそうじゃないと思います」 不快げに強く首を振ったあとで、勝則は足下を睨むように見つめた

「優樹先輩、違うことを勇美って人に聞かされたんじゃ……」「……可能性はあるな」 立花は腕を組んでため息を吐いた

あなたも好きかも:パチンコ ガロコレクション 設定
「岡崎も、その時の件は内密に動いていたって言っていたし

……勇美にいいように吹き込まれたのかもな」「……だとしても、“あっち”の言うことを信じるなんてよ……」 少々苛つき目を据わらせる洋一に、「だな」と立花も呟き返事をすると、生美の背後に立っている一平を振り返り見上げた

「おい、岡崎を呼べないか?」 岡崎からもう一度話を聞く必要があると判断して、クラスメートの“特権”を利用しようと訊くが、一平はぼんやりと俯いている

そんな彼に立花は怪訝に眉を寄せた

あなたも好きかも:pci-e スロット
「おい一平」 名を呼ぶと、一平はようやく顔を上げ、「ん? あ、ああ……」と少し焦りを浮かべつつズボンのポケットから携帯電話を取り出し反町を窺う

「……ここ、ケイタイ使うてもエエんか?」「ここは大丈夫だよ」「ほな……ちょっとクラスんヤツに聞いてみるわ……」 のんびりとその場を離れ、壁際で岡崎の連絡先を探り出す、その姿を振り返り大介はため息を吐いた

「あいつもいじめられっ子の身分やったからなぁ……

オーバーラップしとったんかも」 ただでさえ気の優しい彼だ

人と自分を重ね合わせてもおかしくはない

 「いつまでも引きずりおって」と呆れつつも気にして見守る大介の気配を感じ、洋一は不快げに視線を斜め下に向けた

「……なんでいい奴ばっかいじめられンだよ」 呟き漏らした苛立ち気味の言葉に、立花も「……だな」と小さく納得する

 空気が重く沈む中、反町は生美が置いた手紙に手を伸ばして引き取ると、一人で再度目を通し、最後の紙を見つめて目を細めた

 ――紙の所々に、丸くしわに歪んだ部分がある

 それがなんの痕かはすぐにわかった