ヴァン ヘルシング パチンコ 初代 振り分け

ヴァン ヘルシング パチンコ 初代 振り分け

 すぐにゲオルニクスが近づき、しゃがみ込む

 まるで何かを話し込むように、ゲオルニクスが頷く

「緑色の巨石……形状からノイタイエルだなァ」 しばらくして立ち上がったゲオルニクスが言った

 ノイタイエル……飛行島を浮かせる魔導具か

あなたも好きかも:パチンコ オメガ 秋田
 緑色をした円柱だ

あなたも好きかも:関市 パチンコ 店
「ノイタイエルがなんで地面を進んでるんスか?」「モルススのゴミクズが張り付いてるだよ

あなたも好きかも:スロット 専門用語
あれは、そういう機能があるだよ」「モルススの?」「うーん

討源郷にいた奴に似てるってことらしいだ」 討源郷っていえば、巨大ガーゴイルか

そこにいたメイド姿の人か

 それにしても機能とか機械みたいだな

「標的は……やはり、私達、ですよね?」 カガミが嫌そうに言う

 なんとなくは気がついていたけれど、やっぱり敵だよな

「なになに、揺れの原因わかった?」 そこに、茶釜に乗ったミズキが近づいてきた

 相変わらず気楽なものだ

「敵だって」「やばいじゃん

ここって、地中だけどさ、どうやって戦うの?」「大地ごと破壊するか、体当たりの勝負だなァ