エヴァ パチンコ su

エヴァ パチンコ su

「シルフ、もういいでしょう

あなたも好きかも:モンキーターン3 スロット 一撃
それ以上余計なことをしたら、コウヒ姉様に抑えられますよ」 エセナの言葉に、風の妖精であるシルフから感じる存在感が弱まった

 ついでに、その頬が若干膨らんでいた

エセナ姉様、ずるい」 しかも普通に言葉を話して来た

 考助とコレットが、それに驚いていたが、言われたエセナはどこ吹く風だ

「何を言っているんですか

私は貴方の為を思って言ったのですよ?」 そう言ったエセナは、考助の護衛としてついてきていたコウヒを見た

 同じようにコウヒをみたシルフは、ブルリと体を震わせてなぜか考助を盾にして隠れた

あなたも好きかも:のぶな パチンコ 初代
「ご、ごめんなさい~」 なぜかプルプルと震えだしたシルフに、考助は首を傾げた

「ど、どうかしたの?」「兄様、気にしないでください

すぐに収まります

それよりも、もう契約は終わったので、シルフはいつでも兄様の力になりますよ?」「へ? 契約?」「先ほど、神力をお渡しになったでしょう?」 考助にしてみれば、言われるままに神力を渡しただけだったのだが、先ほどの行為がシルフとの契約になったらしい

 これでいつでも呼び出して力を借りることが出来るとのことだった