ブラックジャック 千葉県

ブラックジャック 千葉県

でも……うん、意外と平気

あなたも好きかも:パチンコ 電源オフ
臭いけど

「……アギト

その……アンタの元々いた世界……こんな感じだったの……? 工場で造ってるものについても知ってる風だったし……」「え……? あー……いや

こことはもうちょっと違う……少なくとも、俺が暮らしてた場所にはこういう工場はあんまり無かったかな

行ったことはあるけど」 ミラに元の世界について聞かれるのは珍しい気がするな

あんまり興味が無い……わけ無いだろうけど、気にして聞かなかったんだろうな

 いつか僕がミラの元を離れた時——みんなを裏切ってしまった時、やっと大切な話を出来た時

ミラは言った、僕の暮らす世界がどれだけ幸福で平和なものなのかと怖くなった、と

魔獣という脅威の存在する世界に呼び付けられて、いつも怯えて暮らしていたんじゃないか、召喚されたことを恨んでいるんじゃないか

それが怖くて言い出せなかった……って

あなたも好きかも:へそウォ カジノ カラ松
 だから……なのかな

あなたも好きかも:フリートーク スロット
ミラはあんまり僕の——秋人のことを聞いては来ない

そういうのは関係無く、アギトはアギト、元の世界の誰かとは関係無いと割り切ってるのかもしれない

いや、どうだろう

うーん……流石に分かんないな

「……だとしたら、別に慣れてて平気ってわけじゃ無いんでしょうね

なら尚更気を付けておきなさい