津田沼 パチンコ 閉店

津田沼 パチンコ 閉店

問題ありません」 必要最低限のことは行っているので、サント・エミンゴ王国としてはこのまま負けるのは仕方がないといったところだ

「ふむ・・・・・・しかし、これは目論見が甘すぎたな

まあ、今更言っても詮無きことだが」 腕を組んで画面を見つめるペドロ国王は顔をしかめていた

 戦力が互角か、どうにか互角に近い戦力であれば、このまま手打ちで終わり、という可能性もあった

 だが、ここまで圧倒的な戦力差があると、例え今回の制圧戦が終わっても宣戦布告の禁止期間が過ぎればすぐに攻めてきてもおかしくはない

あなたも好きかも:あびこ パチンコ 求人
 そうなれば、今度は最初から勝ちを狙って攻めてくるだろう

あなたも好きかも:貞子 vs 伽椰子 パチンコ 甘
 目の前で見せられている戦力であれば、上級モンスターがうろついている階層を出したとしても攻略されかねない

 そうなれば、サント・エミンゴ王国はサリタの塔そのものを失ってしまう可能性もあるのだ

あなたも好きかも:スロット 化物語 シナリオ
「これは、何かを手土産に交渉せざるを得ない、か」 ペドロ国王は、画面を見つめながらそう呟くのであった

 ♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦♢♦「あっ! しまった!」 第六戦が終わったたあと、制御室に考助の声が響いた

 何事かと、第六戦を見ていたメンバーたちの視線が集まった

どうせ続けてもあと三戦で終わるんだから、「手打ち」の許可をしても良かったかなーと」 手打ちの「許可」「拒否」の表示は精々二分程度で、そこまで長い時間出ているわけではない

 戦闘が終わってほっと一息ついているときに、終わらせてもいいと気付いたのだが、既に遅かった

「あれ? 昨日はずっと続けると仰っていませんでしたか?」 首を傾げたミアに、考助は首を左右に振った

「いや、そのつもりだったんだけれどね

今日の様子を見る限りでは、向こうは逃げに入ったみたいなんで、続けても意味ないかなと思ってね」 相手の動きを見ても、出してくる階層を見ても、どう考えても勝ちを狙いに来ているようには見えなかった

 第五戦までとは違って、進化したモンスターすら出してきている気配がない

 見ている限りでは、初級モンスターを召喚して数を増やしているだけのように感じた

「確かに、そうですね