カジノ 国策

カジノ 国策

開放された窓まで移動して大聖都の様子を確認すると、地上を染め上げていた血の赤が、半分以上元に戻っていた

「ファ、ファフナーさんが負けた……?」 あれが負ける姿は思い描けないが、敗北以外に説明がつかない

 それは同時に、ファフナーに勝利したカナミの仲間たちが、上を目指していることでもある

対して、もう私に仲間はいない

 あのファフナーが私の最初で最後の仲間だったのだから……

「構うか……! 元々、私は一人でやるつもりだった……!!」 私は血の薄まった回廊を走り出す

あなたも好きかも:偽物語 スロット 怪異揃い
 ぱちゃぱちゃと血溜りを足で弾いて、『頂上』を目指す

 それだけで、胸に湧き出かけた不安が消えていくような気がした

あなたも好きかも:富岡市 パチンコ バイト
 虚無感が消えて、生きている気がした

 身体から力が湧いてくる気がした

「すぐ戻る……! すぐ戻って、ノスフィーさんを……、――っ!?」 その勢いのままに、私が階段を登っていたときだった

 見知らぬ魔力の波動が全身を打った

あなたも好きかも:パチンコ レンタル 施設
 誰かの攻撃かと思ったが、すぐにそうではないとわかる

 ――その魔力の出所は私だった

 しかも、それは真っ白に輝く魔力――ノスフィーさんの魔力

 急に尋常でない魔力が私の身体から湧き出て、それは「まだ終わっていない」と暴走していく

 その魔力に合わせて、私の暗い魔力も湧き出る