6号機 スロット やめた

6号機 スロット やめた

この状況では康太が無理やりに置いていったように見えなくもないが、文が自分から相談を持ち掛けたことからそういうわけでもないのだろうとアリスは判断していた

あなたも好きかも:パチスロ ハナビ 撤去
「なんていうか・・・師匠やうちの親は近すぎて・・・その・・・相談するのがちょっと恥ずかしくて・・・」「・・・おぉう・・・なるほど・・・久しく接触していなかったが・・・これが思春期というものか・・・そうか・・・思春期か・・・」アリスは誰に向かって言っているわけでもなく、何度か思春期という言葉を反芻すると小さくうなずいて小さくため息をつく

「そういうことならば仕方がない

近すぎる相手よりも多少無関係・・・というか遠い存在だからこそ相談できることもあるだろう

存分に打ち明けるがよい」「ありがと・・・最近ね、ちょっと変なのよ」「変・・・とは?体調の話か?そういえば以前怪我をしていたな

あなたも好きかも:パチンコ ゼニスコート
マリに治してもらったのではなかったか?」「真理さんのおかげで怪我も完治したわ

あなたも好きかも:スロット 神社
そっちじゃなくて・・・」「なんだ、生理不順か?その歳には割とよくあることだろうに」「そうじゃないわよ

とにかく体調面じゃなくて精神面でちょっと」アリスの言うように体調面での不調だったらどれだけよかったことかと文は大きくため息をついてしまう

なぜこんな遠回りをしなければいけないのだろうかとあきれてしまう

どうやらアリスも悩みを相談されるということはあまりないようで少しテンションが高い

暇を持て余して趣味にいそしんでいる身としては、文のような思春期の女の子の相談事というのはある意味娯楽といえなくもないのだろうか

あまり良い趣味とは言えないが相談に乗ってもらっている手前あまり強く言うことはできなかった

「精神的に・・・か・・・鬱とかそういう話かの?」「そういうのでもなくて、なんていえばいいのかしら・・・何度も何度も同じ光景が頭をよぎるというか・・・思い出しちゃうというか・・・そのせいで最近何やってても全然集中できなくて・・・」同じ光景が頭をよぎる

その単語にアリスは眉をひそめた

それがどういう意味を持っているのかアリスの中にいくつか心当たりがあるのである