パチンコ ベルセルク無双 信頼度

パチンコ ベルセルク無双 信頼度

「……西の現状は、決して悪いものではないのだろう? ニーウェは……あの子は、皇帝として上手くやっているというではないか」「ニーナ様や皆様の補佐が上手く機能しているのでしょう」「それもニーウェの人徳あってのもの

わたしとは、違う」 ミズガリスハインの思わぬ発言にラミューリンは目を細めた

あなたも好きかも:地獄 少女 スロット 遅れ
「なんだ? わたしが、己の評価について知らぬと想っていたか?」「……はい」「ははは

さすがは歯に衣着せぬラミューリンだ

皇帝を前によくいう」 彼は闊達に笑う

あなたも好きかも:パチンコ カード 作る
その笑顔の奥底でなにを考えているのか、ラミューリンにはわからない

「わたしほど己の分際を知るものはいないと、自負しているよ

しかし、性分ばかりはどうしようもないのだ

あなたも好きかも:川崎区 パチンコ 楽園
わたしは、無能が嫌いだ

能力がありながら、それを生かそうとしないものはもっと嫌いだ

だからこそだ」 ミズガリスハインの独白は、ラミューリンに新鮮な驚きをもたらしていた

ミズガリスハインの性格は、彼女がだれよりも知っていると想っていたが、どうやら、それは間違いであるらしかった

「だからこそ、わたしが立たなければならなかった

わたしでなければ、帝国の惨状を纏め上げることなど不可能だと想っていた

実際、そうだっただろう? その一点については、だれにも否定はさせんよ」「陛下の仰るとおりです」 ラミューリンは、偉大なる主君に心の底から敬服し、告げた

「陛下なればこそ、この地は秩序を取り戻し、かつての平穏を取り戻しました」「完全とはいえぬがな」 彼は苦笑をもらしたが、ラミューリンは笑わなかった

 それは、西が立ったからであり、ミズガリスハインの落ち度ではない

ミルズが西帝国成立のきっかけというのであれば、確かにそうかもしれないが、必ずしもミルズひとりの力ではないのだ

たとえミルズが東に居続けようとも、いずれ、西にニーウェは立っただろう